資格のランキングは

いま人気の資格ランキングです

 第1位 「ファイナンシャルプランナー

 第2位 「行政書士

 第3位 「医療事務

 第4位 「社会保険労務士

 第5位 「宅建取引主任者

 第6位 「調剤薬局事務

時代ですかねー

新しい資格、キャリア・コンサルティング技能検定をとる

キャリア・コンサルティング技能検定という資格は2008年からできた資格で、まだまだ知名度が低いのが現状のようですね。

では、キャリア・コンサルタントの仕事はどんなものかというと、キャリアの形成を総合的に支援する職業となっています。
とはいってもよくわからないと思いますが、簡単にいえばハローワークでの就職相談や学校での進学相談、職業訓練施設やニートなどの支援団体などがあります。

つまり、仕事や進学といったキャリアを作っていくのに重要な役割りを担っている職業ということですね。
キャリア・コンサルティング技能検定は受験資格がかなり厳しく、原則としては5年以上の実務経験が必須となっています。
標準レベルキャリア・コンサルタントだと2年間短縮されるようですが、それでも3年間の実務経験が必要になってきます。

正直、今から勉強して就職に生かそうとかそういう資格ではないと思いますので、キャリア・コンサルティング技能検定を取ろうと思ったら長期的な計画を立てなければいけないと思います。
現在、実務についている方は将来的に受験してみると良いと思いますので、少し調べてみてはいかがでしょうか。

試験内容などはキャリア・コンサルティング協議会の公式ホームページなどに載っていると思いますので、一度覗いてみてください。

>キャリアコンサルティング 関連商品

新しい資格、知的財産管理技能士検定を取る

知的財産管理技能士とはその名前の通り、知的財産を管理する資格なのですが、この資格はまだ始まったばかりです。

そのためまだまだ人数も少ないようなので、知的財産管理士を取るのであれば今が狙い目といえるのではないでしょうか。
この知的財産管理士の仕事というと、企業の知的財産を管理するのはもちろんですが、他の企業の知的財産権を侵害しないようにする仕事もあります。

たとえば、会社の商品のデザインなどで、デザイナーが他人のデザインを勝手に流用していた場合などは、知的財産管理士がいないところでは見過ごしてしまう可能性が強くなります。
知的財産を侵害した企業は信用も落ちますし、賠償金を支払わなくてはならない可能性もあります。
そういったことを未然に防ぐためにも知的財産管理士の資格が重要になってきているのです。
このおかげで、知的財産管理士の資格を持つ人材はどんな職種でも必要とされていますので、キャリアアップや就職にかなり有効といえるのではないでしょうか。

1級〜3級まであり、3級は初歩的な能力ですが1級になると特許などの専門的知識が要求されますので、決して簡単ではないと思います。
まずは3級か2級あたりから受けてみて、徐々にキャリアアップしていくと良いのではないでしょうか。

>知的財産管理技能士 関連商品

不況に強いFP(ファイナンシャルプランナー)になる

ファイナンシャルプランナーという職業をご存知の方はどれくらいいるでしょうか。
最近では活躍の場が増えてきており、人気の高い資格になっているようですね。
このファイナンシャルプランナーの仕事は、金融商品や保険などを使って資産運用のアドバイスをしたり、住宅ローンや確定申告の相談にのったりと生活に密着した仕事です。

不況の時代だからこそ資産運用や保険などが重要視される時期ですので、ファイナンシャルプランナーはかなり有効な資格といえると思います。
ファイナンシャルプランナーの資格はいろいろ種類があり、国家資格であるFP技能士3級〜1級と民間資格のAFP、CFPに分かれています。
AFPは国家資格の2級と同程度で、CFPは国家資格の1級と同程度になっているのですが、民間資格の方は継続的な学習が義務付けられていますので、資格をとったあとも勉強しなくてはいけません。
その分信頼度も高いので、ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば民間資格を取得しておきたいところですね。
もちろん簡単ではありませんが、高難易度の国家資格に比べると、まだ取りやすい資格といえますので、少し頑張ってみてはいかがでしょうか。
資格スクールに通って勉強すれば半年程度で取れると思いますので、一度調べてみる事をオススメします。

>ファイナンシャルプランナー 資格 関連商品

不況に強い栄養士・管理栄養士資格をとる

これから高齢者社会となっていくうえで、栄養士や管理栄養士の資格はかなり重宝されるといえます。

介護施設や病院といったところでは求人募集も多くみられますので、不況にも強い職業だといえるのではないでしょうか。

栄養士の資格は学校に通えば試験を受けることなく取得する事ができますので、勉強していれば確実にとれるのも嬉しいですよね。

管理栄養士は実務経験によって受験資格がもらえますので、まずは栄養士の資格を取らなければなりません。
どんな仕事をするのかというと、簡単に言えば食事の栄養の管理で、この中にはカロリー計算や治療食の栄養相談なども入ってきます。
働く場所によっては生活習慣病にかんする予防の相談を受けることもありますので、人間が生きていくうえで重要な職業といえるのではないでしょうか。
学校は最低でも2年以上通わなければなりませんので、資格の取得までは時間がかかりますが、それだけの価値はあるのではないでしょうか。
管理栄養士という将来的な資格もありますので、一度学校を調べてみてはいかがでしょうか。
専門学校や短大では2年間で取得できますし、じっくり学びたい方は4年制の大学もありますので、色々探してみる事をオススメします。

>栄養士 管理栄養士 資格 関連商品

不況に強い公認会計士になる

公認会計士は日本に2万5000人程度しかいなく、同じぐらいの人口のイギリスが20万人程度いるのに比べてもかなり少ないですね。
そのため不況にも強いですし年収の面でもかなり期待できるようですね。

しかし、公認会計士の人数が少ないのには理由があって、国家資格の会計系のなかでは高難易度の資格となっているためです。
つまり、なりたい人間は少なくないのですが、試験が難しすぎるためなれる人間がかなり少ないということですね。
毎年の試験では合格率が1桁台ですから、少し勉強した程度ではまず合格する事は不可能だといえるのではないでしょうか。

しかし、取れれば就職に困る事はまずなくなりますので、資格スクールに通って勉強してみるのも良いのではないでしょうか。
というよりも、独学で勉強して合格するのはかなり絶望的ですので、本気で公認会計士の資格を取るのであればなんらかの学校に通うことをオススメします。
2006年以降は試験制度が少し改善されて、短答式と論文式の試験に同時に合格しなければいけなかったものが、短答式は一度合格すると2年間有効になりました。
このおかげで、少しは合格率も上がっているようですので、今のうちに頑張ってみてはいかがでしょうか。

>公認会計士 資格 関連商品

不況に強い社会保険労務士になる

不況が叫ばれる時代ですから、給料も上がるどころか下がってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのが資格をとることで、資格があるだけで収入や安定性もかなり違ってきますので、すこし考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、誰でもとれるような簡単な資格では意味がないので、国家資格を目標にすると良いと思います。

オススメの国家資格としては「社会保険労務士」で、雇用保険や年金、健康保険といった法定届出書類に関する業務を行う資格です。

企業が存続していくうえで欠かす事の出来ない書類ばかりですので、不況だからといって切ることもなかなか出来ない職種ですね。
社会保険労務士は会社の労務人事には重要な資格ですので、頑張って勉強してみてはいかがでしょうか。
国家資格ですのでかなり難しいですが、資格スクールなどに通って勉強するのもありだと思いますので、色々検討してみてはいかがでしょうか。
不況に強い資格ですので、社会保険労務士になれば不況に悩まされる事も少なくなると思います。
ライバルも多く簡単ではないですが、頑張って取れば一生物なのでかなりオススメ出来る資格だと思います。

>社会保険労務士 資格 関連商品

不況に強い税理士になる

税理士は不況であろうとなんであろうと必須の職業で、国家が壊滅でもしない限り税金の専門家がいらなくなることはないですよね。

税理士試験はそんなに簡単なものではないのですが、科目合格制度のおかげでかなりましになっているようです。
税理士の試験では合計で5科目に合格すれば良いのですが、科目合格制度とは1度でも合格したらその科目は一生有効というもので、何年もかかって税理士になる方も多いようです。
というより、1年で合格できる人はほとんど居ないようなので、長期的な目標を立てて勉強すると良いのではないでしょうか。

しかし、専門的な知識が要求される試験ですので、なかなか独学では厳しいと思いますので、資格スクールなどの学校に通ってみてはいかがでしょうか。
仕事をしながらですと通う余裕がないかもしれませんが通信教育などの方法もありますので、色々探してみると良いと思います。

平均的な年収が800万程度だそうなので、勉強して資格を取得する価値は十分にあるといえるのではないでしょうか。

難しい試験ですが対策などが載っているホームページもありますので、少し調べてみてはいかがでしょうか。

>税理士資格 関連書籍

不況に強い中小企業診断士の資格を取る

中小企業診断士とは中小企業に対して経営全般に渡ってアドバイスをする仕事で、日本の企業の95パーセントが中小企業だといわれています。
この中小企業ですが、大企業などと違い1人の経営者の判断で経営されている事が多く、なかなか客観的な経営判断がしにくいとされてきました。
実際、ワンマン経営で成功する企業はほんの一握りで、ほとんどのワンマン企業は潰れていってるのが現状のようです。
そんな中小企業をサポートするのが中小企業診断士で、かなり重要な資格といえるのではないでしょうか。
経営コンサルタントは多くいると思いますが、国の試験があるのは中小企業診断士だけですので、経営コンサルタントをしている方には必須ともいえるのではないでしょうか。
不況の時にこそアドバイスが重要になってくるため、中小企業診断士は不況に強い資格といえるのではないでしょうか。
会社に勤めている方でもキャリアアップの為に中小企業診断士を取る方も多いそうなので、少し勉強してみてはいかがでしょうか。
独学では厳しいかもしれませんが、資格スクールや通信教育もありますので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

取っておいて損はない資格ですので、チャレンジしてみる事をオススメします。

>中小企業診断士 資格関連商品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。