資格 ランキング

不況に強いFP(ファイナンシャルプランナー)になる

ファイナンシャルプランナーという職業をご存知の方はどれくらいいるでしょうか。
最近では活躍の場が増えてきており、人気の高い資格になっているようですね。
このファイナンシャルプランナーの仕事は、金融商品や保険などを使って資産運用のアドバイスをしたり、住宅ローンや確定申告の相談にのったりと生活に密着した仕事です。

不況の時代だからこそ資産運用や保険などが重要視される時期ですので、ファイナンシャルプランナーはかなり有効な資格といえると思います。
ファイナンシャルプランナーの資格はいろいろ種類があり、国家資格であるFP技能士3級〜1級と民間資格のAFP、CFPに分かれています。
AFPは国家資格の2級と同程度で、CFPは国家資格の1級と同程度になっているのですが、民間資格の方は継続的な学習が義務付けられていますので、資格をとったあとも勉強しなくてはいけません。
その分信頼度も高いので、ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば民間資格を取得しておきたいところですね。
もちろん簡単ではありませんが、高難易度の国家資格に比べると、まだ取りやすい資格といえますので、少し頑張ってみてはいかがでしょうか。
資格スクールに通って勉強すれば半年程度で取れると思いますので、一度調べてみる事をオススメします。

>ファイナンシャルプランナー 資格 関連商品

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。