資格 ランキング

不況に強い公認会計士になる

公認会計士は日本に2万5000人程度しかいなく、同じぐらいの人口のイギリスが20万人程度いるのに比べてもかなり少ないですね。
そのため不況にも強いですし年収の面でもかなり期待できるようですね。

しかし、公認会計士の人数が少ないのには理由があって、国家資格の会計系のなかでは高難易度の資格となっているためです。
つまり、なりたい人間は少なくないのですが、試験が難しすぎるためなれる人間がかなり少ないということですね。
毎年の試験では合格率が1桁台ですから、少し勉強した程度ではまず合格する事は不可能だといえるのではないでしょうか。

しかし、取れれば就職に困る事はまずなくなりますので、資格スクールに通って勉強してみるのも良いのではないでしょうか。
というよりも、独学で勉強して合格するのはかなり絶望的ですので、本気で公認会計士の資格を取るのであればなんらかの学校に通うことをオススメします。
2006年以降は試験制度が少し改善されて、短答式と論文式の試験に同時に合格しなければいけなかったものが、短答式は一度合格すると2年間有効になりました。
このおかげで、少しは合格率も上がっているようですので、今のうちに頑張ってみてはいかがでしょうか。

>公認会計士 資格 関連商品

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。