資格 ランキング

不況に強い中小企業診断士の資格を取る

中小企業診断士とは中小企業に対して経営全般に渡ってアドバイスをする仕事で、日本の企業の95パーセントが中小企業だといわれています。
この中小企業ですが、大企業などと違い1人の経営者の判断で経営されている事が多く、なかなか客観的な経営判断がしにくいとされてきました。
実際、ワンマン経営で成功する企業はほんの一握りで、ほとんどのワンマン企業は潰れていってるのが現状のようです。
そんな中小企業をサポートするのが中小企業診断士で、かなり重要な資格といえるのではないでしょうか。
経営コンサルタントは多くいると思いますが、国の試験があるのは中小企業診断士だけですので、経営コンサルタントをしている方には必須ともいえるのではないでしょうか。
不況の時にこそアドバイスが重要になってくるため、中小企業診断士は不況に強い資格といえるのではないでしょうか。
会社に勤めている方でもキャリアアップの為に中小企業診断士を取る方も多いそうなので、少し勉強してみてはいかがでしょうか。
独学では厳しいかもしれませんが、資格スクールや通信教育もありますので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

取っておいて損はない資格ですので、チャレンジしてみる事をオススメします。

>中小企業診断士 資格関連商品

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。