不況に強い資格や、新しい資格を取ろう

不況のなか、自身の収入アップ方として副業が注目される。単にバイトするのではなく長期的な視野に立って資格を取ってはいかがだろうか。ここでは不況に強いといわれる、社会保険労務士、FP(ファイナンシャルプランナー)、栄養士・管理栄養士、保育士、公認会計士、税理士、中小企業診断士を紹介する。また、最近できた資格で注目の、登録販売者、キャリア・コンサルティング技能検定、知的財産管理技能士検定も紹介する。

スポンサードリンク

資格のランキングは

いま人気の資格ランキングです

 第1位 「ファイナンシャルプランナー

 第2位 「行政書士

 第3位 「医療事務

 第4位 「社会保険労務士

 第5位 「宅建取引主任者

 第6位 「調剤薬局事務

時代ですかねー

川村明宏のジニアス速読術

このブログのメインテーマは「不況に強い資格を取る」ですが、
何の資格をとるにしても、テキストを読むという作業が必要です。

この読むことって時間がかかりますよね。

そんなアナタに効果的にテキストを早く読む方法(速読術)をご紹介します。



■ 1時間の勉強が“6分”で終わる!?

「今まで1時間かかっていた勉強が、

たった6分”で終わるようになります!」


と言ったら、あなたは信じられますか?


実は、「特許取得済みの速読法」なら、あっという間に、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読むスピード、理解するスピードが数十倍まで上がってしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


特許取得済みの速読法はこちら↓

⇒ 【川村明宏のジニアス速読術】



もし、あなたが、

「勉強をもっともっと効率化させたい!」

「ぶ厚い参考書も、難しい専門書もあっという間に理解したい!」


と思っているのであれば“5分だけ”この手紙をお読みください。


120万人以上の速読スピードを数十倍にまでアップさせ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカや日本で数々の特許を取得して完成した、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
特許取得済みの速読術を初公開いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この手紙を読み終わるころには、あなたも、
1時間かかっていた勉強が6分で終わるようになっていることでしょう!


⇒ 【川村明宏のジニアス速読術】




はじめまして。

川村 明宏と申します。



私は新日本速読研究会という団体で会長を務め、
30年以上にわたり速読についての研究と開発を行ってまいりました。


速読に関する書籍も多数出版しておりますので、
もしかしたら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回、何故このようなメールを書いたのか?
それは、あなたに速読の世界を体感して欲しかったからです。

「1時間かかっていた勉強がたった6分で終わる」

速読を覚えるとこのようなことがあたり前のようになるでしょう。


「でも、速読を身に付けるのって難しいんじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですね。


確かに。

現在、世間に出回っている速読法を試したほとんどの人たちが、


「内容が難しくて理解できない・・・」

「速読を身に付けるのに時間がかかりすぎて続かない・・・」

「本を速く読めたとしても理解できない・・・」


こんな悩みを抱えています。



しかし、世間に出回っている速読法では、
このような悩みはあって当然なのです。

いままでの速読法はトレーニング内容が難しく時間のかかるものばかり。



これでは、続くはずがありません。

ほとんどの方が3日坊主でやめてしまい、
速読を諦めてしまうのです。



さらに、読むスピードが速くなったとしても
「理解力が落ちた」という方がほとんど。

いくら速く読めるようになっても、読んだ内容を理解できなければ
全く意味がありませんよね。



では、「読むスピードを上げると、理解力が落ちるのはしょうがないのか?」

というと、そんなことはありません。


私の速読術は、これまでのもとは全くといっていいほど違うものです。




実は、私が開発した速読術なら、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
簡単なトレーニングで読むスピードを数十倍にまでアップさせ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それと同時に、理解するスピードも数十倍までアップさせることができてしまい
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが特許を取得できた大きな理由なんです。


そして、今では120万人以上の人たちがこの速読術により、

読むスピード、理解するスピードを数十倍にまでアップさせ、



▼ 1時間の勉強が“たった6分”で終わるようになった!

▼ 546ページもある参考書の内容を“たった20分”で正確に理解できるよ
うになった!

▼ 高校3年間分の勉強を“たった1ヶ月”で終わらせることができた!


など、たくさんの感謝の声を送ってきてくれています。


今すぐあなたも私の速読術で、1時間かかる勉強を“たった6分”で終わらせて
ください。


「特許取得済みの速読術」はこちらにすべて公開してあります↓


⇒ 【川村明宏のジニアス速読術】

新しい資格、キャリア・コンサルティング技能検定をとる

キャリア・コンサルティング技能検定という資格は2008年からできた資格で、まだまだ知名度が低いのが現状のようですね。

では、キャリア・コンサルタントの仕事はどんなものかというと、キャリアの形成を総合的に支援する職業となっています。
とはいってもよくわからないと思いますが、簡単にいえばハローワークでの就職相談や学校での進学相談、職業訓練施設やニートなどの支援団体などがあります。

つまり、仕事や進学といったキャリアを作っていくのに重要な役割りを担っている職業ということですね。
キャリア・コンサルティング技能検定は受験資格がかなり厳しく、原則としては5年以上の実務経験が必須となっています。
標準レベルキャリア・コンサルタントだと2年間短縮されるようですが、それでも3年間の実務経験が必要になってきます。

正直、今から勉強して就職に生かそうとかそういう資格ではないと思いますので、キャリア・コンサルティング技能検定を取ろうと思ったら長期的な計画を立てなければいけないと思います。
現在、実務についている方は将来的に受験してみると良いと思いますので、少し調べてみてはいかがでしょうか。

試験内容などはキャリア・コンサルティング協議会の公式ホームページなどに載っていると思いますので、一度覗いてみてください。

>キャリアコンサルティング 関連商品

新しい資格、登録販売者資格を取る

2009年から新しく作られた資格である「登録販売者」という資格をご存知ですか?
この資格は医療系の資格で、薬剤師などと同じく一般医薬品が販売できるようになるというものです。

受験資格がありますので、誰でも受験できるというわけではないですが、1年間の実務経験と高卒以上の学歴があれば問題ありません。
高卒要件を満たさない時には4年間の実務経験で受験できるようになりますので、自分の実務期間を確認してみると良いと思います。

まだ始まったばかりの資格ですから、どの程度のレベルなのかはわからないのですが、医薬品に関することなのでそんなに簡単ではないと思われます。
最初の数年は合格率も高いとは思いますが、ある程度年度が立つとかなり下がってくると予想されます。
国家資格なのでレベルが高いと思いますし、正答率は7割程度が最低合格ラインになっているようですね。
試験問題は全部で120問となっているようですから、最低でも85問程度は正解しないといけないようです。
一般用とはいえ医薬品を扱う資格ですので、少し勉強したぐらいでは落ちると思っておいて間違いないと思います。
登録販売者を取ろうと思っている方は、かなり頑張って勉強した方が良いと思います。

>登録販売者 資格 関連商品

新しい資格、知的財産管理技能士検定を取る

知的財産管理技能士とはその名前の通り、知的財産を管理する資格なのですが、この資格はまだ始まったばかりです。

そのためまだまだ人数も少ないようなので、知的財産管理士を取るのであれば今が狙い目といえるのではないでしょうか。
この知的財産管理士の仕事というと、企業の知的財産を管理するのはもちろんですが、他の企業の知的財産権を侵害しないようにする仕事もあります。

たとえば、会社の商品のデザインなどで、デザイナーが他人のデザインを勝手に流用していた場合などは、知的財産管理士がいないところでは見過ごしてしまう可能性が強くなります。
知的財産を侵害した企業は信用も落ちますし、賠償金を支払わなくてはならない可能性もあります。
そういったことを未然に防ぐためにも知的財産管理士の資格が重要になってきているのです。
このおかげで、知的財産管理士の資格を持つ人材はどんな職種でも必要とされていますので、キャリアアップや就職にかなり有効といえるのではないでしょうか。

1級〜3級まであり、3級は初歩的な能力ですが1級になると特許などの専門的知識が要求されますので、決して簡単ではないと思います。
まずは3級か2級あたりから受けてみて、徐々にキャリアアップしていくと良いのではないでしょうか。

>知的財産管理技能士 関連商品

不況に強いFP(ファイナンシャルプランナー)になる

ファイナンシャルプランナーという職業をご存知の方はどれくらいいるでしょうか。
最近では活躍の場が増えてきており、人気の高い資格になっているようですね。
このファイナンシャルプランナーの仕事は、金融商品や保険などを使って資産運用のアドバイスをしたり、住宅ローンや確定申告の相談にのったりと生活に密着した仕事です。

不況の時代だからこそ資産運用や保険などが重要視される時期ですので、ファイナンシャルプランナーはかなり有効な資格といえると思います。
ファイナンシャルプランナーの資格はいろいろ種類があり、国家資格であるFP技能士3級〜1級と民間資格のAFP、CFPに分かれています。
AFPは国家資格の2級と同程度で、CFPは国家資格の1級と同程度になっているのですが、民間資格の方は継続的な学習が義務付けられていますので、資格をとったあとも勉強しなくてはいけません。
その分信頼度も高いので、ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば民間資格を取得しておきたいところですね。
もちろん簡単ではありませんが、高難易度の国家資格に比べると、まだ取りやすい資格といえますので、少し頑張ってみてはいかがでしょうか。
資格スクールに通って勉強すれば半年程度で取れると思いますので、一度調べてみる事をオススメします。

>ファイナンシャルプランナー 資格 関連商品

不況に強い保育士資格をとろう

保育士は現在人手不足が叫ばれていて、かなり有効な資格といえると思います。
不況になると子供を預けて働きに出る方が増えてきますので、まさに保育士は不況に強い職業といえるのではないでしょうか。
特に学校に通う必要もなく、保育士試験に合格すれば良いだけですので、少し検討してみてはいかがでしょうか。
国家試験ですので難易度は低いとはいえませんが、決して高難易度の資格でもありませんので、頑張って勉強すれば独学でも合格できると思います。

子供と接する職業ですから子供嫌いでは勤まらないと思いますが、子供が好きな方にとってはかなりオススメの職場だといえると思います。

保育士の資格は一生物ですので、結婚や出産で一度職を離れてしまってもまた働けるのは嬉しいですよね。
少子化が叫ばれているので不安に思う方もいるかもしれませんが、少子化の影響で保育士自体が減っていきますので問題はないと思います。
独学が厳しいと思う方には資格学校などもありますので、少し調べてみるのもいいのではないでしょうか。
決して楽な職業ではありませんが、やりがいはかなりあると思いますので、興味のある方は一度調べてみてください。

不況にも強い保育士の職業ですので、かなりオススメ出来ると思います。

>保育士 資格

不況に強い栄養士・管理栄養士資格をとる

これから高齢者社会となっていくうえで、栄養士や管理栄養士の資格はかなり重宝されるといえます。

介護施設や病院といったところでは求人募集も多くみられますので、不況にも強い職業だといえるのではないでしょうか。

栄養士の資格は学校に通えば試験を受けることなく取得する事ができますので、勉強していれば確実にとれるのも嬉しいですよね。

管理栄養士は実務経験によって受験資格がもらえますので、まずは栄養士の資格を取らなければなりません。
どんな仕事をするのかというと、簡単に言えば食事の栄養の管理で、この中にはカロリー計算や治療食の栄養相談なども入ってきます。
働く場所によっては生活習慣病にかんする予防の相談を受けることもありますので、人間が生きていくうえで重要な職業といえるのではないでしょうか。
学校は最低でも2年以上通わなければなりませんので、資格の取得までは時間がかかりますが、それだけの価値はあるのではないでしょうか。
管理栄養士という将来的な資格もありますので、一度学校を調べてみてはいかがでしょうか。
専門学校や短大では2年間で取得できますし、じっくり学びたい方は4年制の大学もありますので、色々探してみる事をオススメします。

>栄養士 管理栄養士 資格 関連商品

不況に強い公認会計士になる

公認会計士は日本に2万5000人程度しかいなく、同じぐらいの人口のイギリスが20万人程度いるのに比べてもかなり少ないですね。
そのため不況にも強いですし年収の面でもかなり期待できるようですね。

しかし、公認会計士の人数が少ないのには理由があって、国家資格の会計系のなかでは高難易度の資格となっているためです。
つまり、なりたい人間は少なくないのですが、試験が難しすぎるためなれる人間がかなり少ないということですね。
毎年の試験では合格率が1桁台ですから、少し勉強した程度ではまず合格する事は不可能だといえるのではないでしょうか。

しかし、取れれば就職に困る事はまずなくなりますので、資格スクールに通って勉強してみるのも良いのではないでしょうか。
というよりも、独学で勉強して合格するのはかなり絶望的ですので、本気で公認会計士の資格を取るのであればなんらかの学校に通うことをオススメします。
2006年以降は試験制度が少し改善されて、短答式と論文式の試験に同時に合格しなければいけなかったものが、短答式は一度合格すると2年間有効になりました。
このおかげで、少しは合格率も上がっているようですので、今のうちに頑張ってみてはいかがでしょうか。

>公認会計士 資格 関連商品

不況に強い社会保険労務士になる

不況が叫ばれる時代ですから、給料も上がるどころか下がってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのが資格をとることで、資格があるだけで収入や安定性もかなり違ってきますので、すこし考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、誰でもとれるような簡単な資格では意味がないので、国家資格を目標にすると良いと思います。

オススメの国家資格としては「社会保険労務士」で、雇用保険や年金、健康保険といった法定届出書類に関する業務を行う資格です。

企業が存続していくうえで欠かす事の出来ない書類ばかりですので、不況だからといって切ることもなかなか出来ない職種ですね。
社会保険労務士は会社の労務人事には重要な資格ですので、頑張って勉強してみてはいかがでしょうか。
国家資格ですのでかなり難しいですが、資格スクールなどに通って勉強するのもありだと思いますので、色々検討してみてはいかがでしょうか。
不況に強い資格ですので、社会保険労務士になれば不況に悩まされる事も少なくなると思います。
ライバルも多く簡単ではないですが、頑張って取れば一生物なのでかなりオススメ出来る資格だと思います。

>社会保険労務士 資格 関連商品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。